当座預金とは

普通預金銀行取引の基本となる預金で、法人個人を問わず開設することが可能です。


振込金や給与年金配当金の受取に指定でき、各種公共料金クレジットカードの口座自動振替を契約できるなど、決済口座としても大きな役割を担います。
普通預金ペイオフにより、金融機関が破綻した場合1000万円までしか保護されない場合があります。


また、一般的な普通預金には利息がつきます。

 

 

一方当座預金は、主に企業個人事業主手形小切手の支払を決済するための口座です。


預金保険法が定める「決済用預金」に該当し、金融機関が破綻した場合も全額保護されます。
また当座預金は法令により、無利息と定められています。


なお当座預金の口座開設には、金融機関の審査が必要で、現在では個人で開設することは難しくなっています。

 

「普通預金」と「当座預金」の違いは? | 1分で読める!! [ 違いは? ]